空室対策のカギはペット

マンションの空室対策とは

マンション経営の現状と空室率

2014年の日本全国の空室率は過去最高の13.5%を更新し、空き家数に数えると820万戸の空き家数となっています。
地方を中心とする人口減少の他に、過剰な新築件数や相続税対策によるものも原因となっています。
これからの賃貸経営を繁栄させるには、より計画的で戦略的なマンション経営が重要になってきます。

/空室リスクをなくすための方法/
計画的で戦略的なマンション経営をしたくても、これという方法が思いつかない方のために、現在もっとも多い戦略を説明していきます。

・リフォームで物件価値を高める
設備や室内の環境に設備投資しリフォームすることで賃貸物件の魅力を向上させます。
特に古いものを取り除き新しいものへとリノベートしたり、キッチンや洗面、トイレ、浴室などの清潔感を求められる部分のリフォームやカスタマイズ、グレードをあげることで物件の魅力が高まります。

・家賃を下げる
近隣の家賃相場よりも家賃の価格を下げることで、入居者を募る戦略です。この戦略は後々リフォームや建て替えでもしない限り家賃を上げることができなくなるのですが、もっとも経費がかからない戦略で一般的です。

顧客のニーズにこたえる
・ペットを許可する
現在はペットの需要がたかく、賃貸におけるペットの飼育可能物件の供給が少ないのを逆手にとった戦略です。しかしペットの飼育にはいろいろと問題やトラブルがついてまわるため契約規則の見直しも必要です。

・国や自治体から工事費の補助金を受けて高齢者住宅に変えてしまう。

・外国人の入居を許可する
特に、ここで空室リスクを回避するための有効的な手段でなおかつ取り組みやすいものは、顧客のニーズにこたえる賃貸経営です。費用もそれほどかからずニーズにマッチングした入居者を多く呼び寄せることができる可能性が高いです。